私たちの会社

ZEH

ZEHとは

ZEH = Net Zero Energy House とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」のことです。

ZEHに適合する住宅

① 強化外皮基準を満たした上で、UA値0.6W/㎡K 相当以下であること(北九州)
② 再生可能エネルギーを除き、 基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量の削減
③ 再生可能エネルギーを導入
④ 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量の削減

年間で消費する住宅のエネルギー量を概ねゼロ以下にする

自然省エネ住宅
(夏は涼しく、冬は暖かい住宅)

省エネ
(エネルギー使用量 20%削減)

エネルギーを創る
(エネルギー使用量 100%削減)

☆ZEH 『ゼロエネルギー住宅』 のコンセプトは、 太陽光発電でエネルギーを作り、外壁 窓·屋根等の断熱性能を高め、照明器具や家電製品などを『省エネタイプ』にすることで、住宅のエネルギー消費量を 『ゼロ』 に近づける住宅のことです

ZEH 令和2年度の実績と今後の目標公表資料

我が国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。福山住宅は、上記政策目標とその達成にむけたZEHロードマップに基づき、ZEHの普及を目指して高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、ZEH普及に向けて取り組み、低炭素社会の実現に寄与する目標を掲げました。

年度 目標値 実績値
2018年度(平成30年度) 20% 0%
2019年度(平成31年度) 30% 0%
2020年度(令和2年度) 50% 0%
2021年度(令和3年度) 50% 0%
2025年度(令和7年度) 50% -